テレクラ男のここが嫌!

テレクラで嫌われる男のよくある特徴

ツーショットダイヤルで様々な女性と話していると「こんな男は嫌だ」という会話がたまにあがります。
しかしバラけると思いきや、結構嫌われるタイプというのが似通っていたんですよね。

 

今回はそんな「ツーショットダイヤルで女性に嫌われる男性」のパターンをまとめてみました。

 

ツーショットダイヤルで嫌な男性のタイプ

 

テレフォンセックスがワンパターン

電話でエッチするというのは声だけになるのでいかに喋りで攻めパターンを増やすかがコツなのですが、いつも同じ攻め方な男性が非常に多いようです。
ひたすらペロペロとかチュパチュパの擬音だけや「どう?気持ちいい?」や「ほら、ほらぁ」など同じことばかり言われると女性はしらけてしまいます。

 

すぐ会おうとする

これは何がダメかというと会話もなしでいきなり「会おうよ」というパターン。
「相手のことも知らないのにいきなり会ってセックスなんてできるかぁ!」という女性の怒りが物凄かったですw

 

ケチな男性

つながって挨拶もそこそこにツーショットダイヤルだとお金がかかるから「この番号に電話して」と女性側に電話をかけさせようとする男性。
そんな馬鹿なと思ったのですが、これをやる男性がかなり多いようですw
また上の「すぐ会おうとする」タイプの男性も女性からすれば利用料金をケチりたいという気持ちが見え隠れしているそうです。
利用料金がゼロなのにわざわざお金をかけてまで男性と話したいと思う女性はまずいないのでやめておきましょう。ケチケチ根性はかなり女性に嫌われます。

 

黙る男

話していて会話に間が開く男性。
気に入られようと上手いこといおうとして返事を考えすぎるせいだったり、会話が下手だったり様々ですが会話のキャッチボールができないとどれだけカッコよくても意味がありません(電話ですしねw)

 

女性を見下している

女性を見下す男性が結構いました。
楽しく会話しようとしてるとすぐに「いいからやらせろよ」と言ったり、好みじゃないからお断りしようとしたら怒鳴り散らしたりと。

 

 

また会話のふしぶしに女性側をバカにしている態度が見え隠れする人も多いようです。
ただの性欲解消の道具と思われてエッチしようとする女性はドMでもいませんからこういう男性は自分を見つめなおしたほうが良さそうですね。